若者こそ放浪の旅に出るべき理由

あー、毎日が同じことの繰り返しだな…と嫌気がさしたとき、あてのない海外への旅に出ることも一つの選択肢です。20代で一念発起して実際に世界を旅してきた私が考える、若い人こそ旅に出た方が良い理由を5つ紹介します!

① 適応力が高いうちに経験すべき

人間、年齢を重ねると頑固になり自分のスタイルというものに固執しがちです。若い人ほど柔軟にその場、その時の環境に適応する力が強いので、「何事も経験!」と楽しむことができます。

例えば、私の場合は初の海外であるタイに到着した時に荷物が行方不明になりました。

最終的にはきちんと手元に届きましたが、紛失カウンターでの英語でのやりとり。優しく言っていては聞いてももらえない。怒りを表現し、こちらの話に注意を向けてもらえるよう必死で話しました。こういう経験も日本にいてはなかなか経験できないことですよね。

また、インドやタイの安い宿というのはなかなかにオンボロでちょっと良い暮らしを経験してしまった大人には耐えがたいものがあります。それも「なんじゃこりゃー!」と言いながらも楽しめるのも若者ならではです。

② 失敗を恐れない

「旅の恥はかき捨て」という言葉がありますが、本当にその通りで、あなたのことを知る人が誰もいない土地での失敗に怖いものは何もありません。

言葉が通じなくてもとりあえず言ってみる、やってみる、体で表現してみる。その結果うまくいかなくても、挑戦をしたという一つ一つの経験はあなたの自信になり、財産になります。

・ボッタくられた!

・周囲の人に笑われた…

・おっちゃんに怒られた(汗)

・お金や物を盗まれた!

・手錠をかけられた(笑えない)

私は全部経験しました(笑) でも生きてます。ピンピンしてます。もちろん警戒することはとても重要で、「この人は信用できるのか」、「この場所はどういう場所だろう?危険なのだろうか?」とアンテナを張りながら人と接し、街を歩くことで感性が磨かれてゆきます。そして、失敗を重ねながらより良い選択を取れるようあなたは成長していけます。

③ 物事を純粋に見つめられる

私たちの日本とは異なった文化の地域を訪れた際にいろいろと感じ、考えるでしょう。衝撃や感激、悪寒、吐き気、興奮、喜び。

言葉にはできない感覚を色眼鏡なしにストレートに体感できるのもまた、若さの特権です。バックパック一つでその土地の“素”を見て様々なことに心を動かされながら考えることは今後の人生にとっても大きなプラスと言えるでしょう。

④ 視野が広がる

とてもありきたりな表現になってしまうのですが、若い方が旅に出て得られるものは、この言葉に尽きると思います。もう少し具体的に表現すると、“私たちが当たり前だと思っていることは世界では当たり前ではない”です。

・風邪をひいても、這ってでも仕事に行く

・中学、高校、大学を出たら就職というレール

・どこでも笑顔の接客サービスを受けられる

などなど挙げだすとキリがないですが、簡単に言うとモノを見る際により大きな視点を持つことができるということです。例えば上記の日本社会でのレールからはみ出してしまったとしても、「ま、そんなに大したことではないな」「なんとかなるさ」と思えてしまうのです。

その感覚が良いか、悪いかというのは簡単には判断できませんが人生を楽しく生きるうえで重要な考え方であることは間違いありません。

とかく日本人は真面目に物事を考えすぎてしまい、一歩を踏み出すことができなかったり、ストレスをため込んでしまったり、最悪の場合は心の病に罹ってしまいがちです。

世界放浪の旅のなかで培われた大きな物差しで測れば、私たちの人生はもっと生きやすいものになるでしょう。

⑤ その後の人生に活かせる

とは言え、実際に長期間の休暇を取り放浪に行くということは現代の日本の社会では難しいです。慣れ親しんだ仕事を辞めるという決断はかなりの勇気が必要です。

あなたが学生であれば、休学や卒業後すぐに行くという方法もありますが、それでもなかなか一歩を踏み出すには勇気がいりますよね。もう、いままでの順調な人生のレールから外れるわけですから。

ですが、だからこそ若いうちに旅に出るべきなのです。旅から戻ったあなたはきっと今までとは異なった、豊かな価値観を持って帰ってきています。その価値観をもとに新しく、そして真に自分の求める生活、人生を歩めば良いのですから。若ければ若いほど、再び自分の望む仕事を見つけることも容易です。さらに特殊な経験はあなたのアピールポイントとしても輝くでしょう。

あるいは、旅を通して出会った仲間とビジネスを始めるかもしれません。世界にはまだまだチャンスがあり、才覚のある方には宝箱のようにみえるかもしれません。

それとも、旅先で出会った土地に惚れ、仕事を見つけ住み着くかもしれません。その場合も吸収力、適応力の高い若者ほどその挑戦はうまくいく可能性が高いでしょう。

まとめ

以上、若者こそ旅に出るべき5つの理由を紹介しました。決断には勇気が必要ですが、私自身は「本当に行ってよかった」と思いますし、今すぐにでもまた行きたいです(笑)。
若いというのは適応力、感受性、思い切りという面でも優れていますので行ってしまえば楽しめるのは間違いないんですけどね。
いま、まさに迷っているという方は参考にしていただければ、と思います。
それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です