たまに長電話×田舎モンにオススメ格安SIM=OCNモバイルONE

大手キャリアのわけわからん縛りに疲れたみなさん、どうも。今回はソフトバンクからOCNモバイルONEに乗り換えた理由と使ってみた感想を書いていこかな。

キミの感想はいいんだよ。って方は直接OCN モバイル ONEへどうぞ。

ほな、いきましょか~。

ガラケーからスマホへ

そもそも、どうしてガラケーからスマホへ変えたのか。

ソフトバンクのガラケーはかけ放題で契約してたんやけど、料金が上がってたんよね…気づかずにしばらく使っていたけど確認して驚き。電話とSMSのみで2000円半ばぐらいの請求が来てた。

Web請求になるとどうしても確認がおろそかになってしまうけど、ちゃんと確認しましょうね、毎月。

ほんで、「スマホ買うか…」とムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイト で色々物色。そしたら、OCNモバイルONEのキャッシュバックが目に留まる。

電話にこだわる理由+docomo回線

正直、電波の良い都会ならLINEやSkypeで通話するのも全然あり。高い電話料金を払わなくてもデータ通信のみでOKやからね。

でも、私はドの付く田舎に住んでいるので電波が届きにくい場所もよくある。なので、電話にこだわる必要があった。

ほんで、コチラでも書いたようにキャリアのケータイはややこしくて、お高いんでSIMフリーのmate 10 proを購入。この機種の対応バンドを確認するとプラチナバンドはdocomoが使用するBand 19に対応している。

MEMO
Band 19(800Mhz)に対応している=山間部でも安定して通話できるってことね。ちなみに都市部でも地下やビルの陰などでもこのBand 19を通して安定した通話ができる。

そんなわけで、docomo回線を使うOCNモバイルONEってええやんか~って感じたわけ。ムスビーで買えば1万円のキャッシュバックもあるしね。

でも、それだけでは契約する決定打にはならんかった。

OCNモバイルONEのトップ3かけ放題

ほいで、いざOCN モバイル ONEのホームページへ行って調べると「トップ3かけ放題」/「かけ放題ダブル」ってオプションを発見!

公式からスクショさせてもろて転載するとこんな文言です。

出典:OCN モバイル ONE

「え、安ない?」っとかなり契約に前のめりになる自分を感じました(笑)。

(契約する際に気が付くけど、上記の料金に基本料金700円がプラスされる。これはちょっとわかりにくかったな。あくまでも上記のプランはオプションってことね。)

ほんで、いろいろ調べたけど「どれだけ長電話しても定額」を提供する格安SIMはあまり多くはないってこと。docomo回線に限定すると皆無。

10分以内の通話定額は結構スタンダードやけど、10分越える電話もちょいちょい私はする。かといって、そんな頻繁にするわけでもない。という絶妙なコースをOCNモバイルONEが突いてきたカタチやね(笑)。

データ通信もお得

この辺りでOCNモバイルONEにガッチリハートを掴まれた自分は料金シミュレーション実施→月々3450円+税でイケることを確認。内容は、

  • 10分以内の通話0円
  • 月に3人までは長電話0円
  • データ通信6GB(翌月持越しOK)

てな感じで、3450円。
ソフトバンクの請求書と見合わせると…

https://820life.xyz/wp-content/uploads/2019/01/88888888888.png
わたし

プラス1000円や…

いや、1000円高くなってるけど、いままでのSMSと電話のみのガラケー生活と比べると価値ある1000円やなと思って申し込みをポチっといきました。

かけ放題ダブルが2000円+データ6GBが1450円。うん、全然いいやん。

データ容量節約したいときもバースト機能で快適

ま、この機能はわりとどこの格安SIMも採用してるから大差はないんやけども、実際に使ってみるとやっぱかなりの節約になる。

YouTubeとかの動画はさすがに無理やで?けど、会社の昼休みとかにちょっと調べものするとか、文章主体のウェブサイトやと割と快適に使えるんよ。

ほんで、自分はAmazonプライムに登録してるんで、無料でAmazonミュージックを使える。BGMに音楽かけたりするぐらいなら低速モードでも全然問題なし。

※追記 Amazon musicをはじめ、Spotify,Line Musicなど合計9つのサービスは「Musicカウントフリー」に申し込むとデータ通信量消費なしで使えるサービスあり!

お庭で草むしりしながら音楽かけて、のんびり作業するとかね。


ちなみに、スマホとBluetoothで接続してスピーカーで音楽流すと完璧。草むしりしてるだけで幸せになれます(笑)。ワイヤレススピーカーは個人的にAnkerのSoundCore 2が防水あり、音質良しでコスパも良くてオススメ。

高速/低速モードの切り替えもアプリのウィジェットからボタン一つでOK。データの残りも常に一目で確認できるんでこれはなかなか使い勝手がいい。

ちょっと背景がとっ散らかってるけど、ま、ご愛敬。

wi-fiスポット多数あり

ほんでまた、wi-fiを使えるポイントもいっぱいある。どんぐらいあるかと言うと全国86,000カ所!!

出典:OCN モバイル ONE

しかーし、このド田舎住みの私にはあまりメリットありません。セブンイレブン?車で1時間ですけど?みたいな世界です。

たまに街へ出たり、旅行に出かけるときはここぞとばかりに使い倒してます(笑)。

ダメなとこ

ええとこばっかり言うててもあかんので、実際に使ってて感じたダメなとこを何点か…

  • お昼時は通信が遅い時がある
  • OCNでんわアプリを通して発信するのが面倒

うん、でもま、これぐらいかな 。

・お昼に遅くなるのは格安SIMの宿命なんでしょうがないっちゃしょうが無い。

・アプリを通しての発信は「慣れ」ですかね。自分はもう数か月使っているのでもうあんまり不便を感じないけど。

注意
OCNでんわアプリを使用せずに通話すると30秒20円かかるよ

アプリを使用しないなら「0035-44」を電話番号の頭につける。ちょっと面倒でやってられんよね。

スマホ側で電話のアプリをOCNでんわアプリをデフォルト設定にしておかんと、気が付いたら通話料めちゃとられてた!なんてことになります。(わたしがそうです)

おまとめ

てことで、ながながと言うてきましたが以上が自分がOCNモバイルONEを選んだ理由と、実際に使ってみて感じたことです。

メリットをまとめると、

  • ちょいちょい長電話(月に3人まで)してもOK
  • 田舎に住んでてもdocoom回線なので安定
  • 全国にwi-fiスポット86,000カ所アリ
  • 低速モードでも割と使える

デメリットは

  • 昼休みなどピーク時に遅いときがある
  • OCNでんわアプリを使用しないと損をする

ちなみにスマホ本体も必要って方はOCN モバイル ONEで一緒に買うと大幅な割引があるんでかなりお得。

OCNモバイルONEええんちゃうの?と思った方はこちらからどぞ!

OCNモバイルONE/OCN光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です