GoPro買ったらこれも買っとけ!使ってみて良かったアクセサリー【随時更新】

どーも、GoProのある生活楽しんでますか?

今回は個人的に買ってよかったおすすめアクセサリー、マウント、周辺機器を紹介!

新しく良いものを発見したり、不具合が出たりすれば随時更新していくのでよろしくです。

ケーブルカバーの開け閉めが可能!Taisionerの保護フレーム

純正の保護フレームは安全性第一で、ケーブルカバーが開かないように設計されています。これは水中などでうっかり開いて、水濡れ…なんてことのないように配慮されているんでしょうが、水中で使うことのない陸ゴープロユーザーには不便の極み。

ちょっと充電したい時などにも、いちいちフレームから外す必要があるのは面倒。初めからカバーを外して装着してもいいんだけど、外したカバーを「絶対無くすやん…」という不安。

Taisionerのフレームなら蓋の開け閉めが可能!ちょっとしたことなんだけど、そこが使い勝手をかなり向上させてくれる。

taisionerのGopro保護フレーム。ケーブルカバーの開け閉めが可能。

フレームに入れたままでケーブルカバーの開け閉めが可能になることで、例えば車のカーチャージャーから充電しながら撮影することが気軽に可能になります。

また、モバイルバッテリーと併用することで山歩きやスポーツを楽しみながら長時間撮影することも可能になります。

GoProの電池持ちの悪さは極悪なので、充電しながらの使用は使い勝手の向上に役立ちます。そして、使用後はUSBを外してカバーを閉めればそのまま収納できるので、このフレームはほんとに便利です。

ただし、激しい使用法だとカバーが不意に開くことも考えられるので(今のところそのようなことはないが)、水中で仕様される方はご注意を!

格安にとりあえず全部そろう!MUSON GoProアクセサリーセット

正直なところ、アクセサリー類を揃えていくと結構お金かかりますよね。純正もクオリティーは良いけどやはり価格がネック。

また、これからGoProを使っていきたいけど、使い道がいろいろあって一つずつマウントやアクセサリーをそろえるのは面倒…そういう時にMUSONのアクセサリーセットがおすすめ。

  • 自撮り棒
  • 三脚(ちょっとしょぼいけど)
  • マウント(ちゃんと3Mです)
  • 胴体、頭、ハンドル、吸盤付きマウント
  • 持ち運び用ケースと袋

などなど…めちゃくちゃいろんなものが入ってて、とりあえずこれがあればどんな状況でも対応できます。

実際、わたしも一番初めにこのセットを買いました。バイクに乗ったり、車載動画的に撮ったり、山歩きに使ったりと多様な使い方を想定していたので、その都度「これ使えそうやな」と部品を組み合わせたりしながら使っています。

そうやって色々考えながら撮影方法を編み出すのもGoProの楽しいところ。

とにかくコスパが最強で、純正パーツひとつ買う値段で買えちゃいます。もちろん品質の面では純正最強なのでしょうが、個人的にはまずこのセットを使ってみてから、よく使うもの・壊れてしまったものを純正なりで高品質なものを購入したら良いかなと思います。

また、使っていく中で「もっとこうしたい」というアイデアも出てくると思うのでその時に追加していく方が、一つずつアクセサリーを揃えるよりも結果的に安く済みます。

同様のセット商品はいろんな会社が出していますが、MUSONは自社でアクションカメラを出していますし、中国メーカーのなかでは名の知れた会社。なので製品のクオリティとサポートが期待できるのでMUSON押しです。

GoProを首からぶら下げるだけでいい画が撮れる。ネックマウントホルダー

首からぶら下げて使用できるマウント・アクセサリーです。

GoProネックマウントホルダー。首からぶら下げて撮影可能。

GoPro HERO7 BLACKの特徴はなんといっても「HyperSmooth」のブレ補正。

「そんな不安定な固定で撮影無理でしょ」っていうのはこいつには通じない。上記のような超適当にぶら下げてバイクに乗るだけで普通に見れる動画が撮れます。

こんな感じでブレ補正が効きまくりです。街歩きを撮影する時なんかにも自然な感じで周囲に溶け込んでいけそうです。

チェストマウントも安定していて良いんですが、なんせ着脱が面倒なんですよね。ネック式なら気軽にかけたり、外したりできます。

ただ、首に回す部分(プラスチック)が少しやわらかいので、強い衝撃や無理に広げると割れそうに感じました。念のため、紛失防止に本体を紐でつなげておくと安心です。

こちらも同様の商品がいろんな値段で出品されています。わたしが購入したものは固定するためのナットが外れる仕様でした(笑)

いまは接着剤で留めてありますが、初めから対処してある商品が発売されているのでそちらをおすすめします。

GoProの予備バッテリーはTelesinを使っています

電池の持ちがめちゃくちゃ悪いGoPro HERO7。予備バッテリーは必須です。

バッテリーについては色々と議論があるのは承知していますが、やはり純正の価格は高いですよね。

GoProのアップデートで使用できなくなるリスクもあるそうですが、安さに負けてTelesinのバッテリー3個(充電器付き)を購入しました。

TELESINのGoPro互換バッテリー3個と充電器、専用ケース。保護フィルムまで付属。

現状3つとも問題なく使用できています。特に純正と比べて持ちが悪いとも思いません。感覚ですが。

おまけに、保護フィルムとゴープロ本体がちょうど入るケースもついてくるのでお得感はかなりあります。充電器もしっかりとフタが閉じるので持ち運び時も安心です。

社外バッテリーに関しては将来のファームウェアアップデートによって使えなくされるリスクもあるので、自己責任ですね。

工夫して使うのもGoProの楽しみ

そんな感じで実際に使ってみて良かった商品を紹介してきました。いろんなパーツを組み合わせて自分の使いたいように試行錯誤することもこのカメラの醍醐味ですよね。

また良いもの見つけたら追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です