【年収400万】介護士はワークライフバランスを保って働ける仕事【有休8割取得】

介護は意外とワークライフバランスを保って働ける仕事(施設による)

どうも、もりまる(@820life)です!

こないだ夜勤をしていて、ふとこんなことを思いました。

世間の会社に比べたら、介護ってわりとホワイト企業多くない?

もちろん事業所によるところは大きいですが、私がいままで勤めた施設は残業代はしっかり払うし、有給取得率も50%は超えています。そもそも、残業が10時間を超えたことってないんじゃないかな。

あ、施設崩壊危機の時は除きます。

ということで、世間一般の企業の状態と比較しつつ、介護職って意外とワークライフバランスを保って働ける職種であることをお話ししていきたいと思います。

介護士は家に持って帰る仕事がない

介護士という仕事はてあくまで体が資本の現場仕事。

利用者からの暴言・暴力・ハラスメントなどの問題はありますが、家に持って帰るような仕事って基本ないんですよね。持って帰るのは腰痛だけ。

その点、一般企業では営業先とのやりとり・付き合い・書類作成といった会社外の仕事がわりと普通にあります。

休日のプライベートにまで連絡があるとかも普通ですよね。また、資料の作成が間に合わずサービス残業したり、あるいは残業禁止だから自宅で作業したり…

介護の現場で働く身として、自宅で作業したことっていままで一度もないんですよね。

でも、リーダーは別ですよ。シフト作ったり、部下とのやりとりでプライベート割いたりしてしまうこともあります。

その割にリーダー手当てがショボすぎるという問題もありますが。介護に限っては平社員が一番ワークライフバランスが良いと思います。

超絶ホワイトの介護施設に転職して満足

わたしは現在わりと大手の法人に勤務しています。

年収は400万を超えましたし(手取りではありませんよ)、有給も8割以上取得できています。おまけに残業も月5時間もありません。もちろん時期によって増える時もありますが、それでも10時間は越えないです。

残業代は請求すればしっかりと支払われるし、請求するのが当たり前な空気なのがいいですね。

年間休日も120日弱あるので、プライベートも充実しています。が、やはりそこは介護業界、連休は少なく2,3日働いて休みの繰り返しです。

世間が「10連休!ヒャッハー!」って時に通常運転で働くことはまだ理解できます。時期をずらして盆や正月休みを介護職も取れたらなーと、そこは相変わらず不満ですが。

とはいえ、上記の条件を見ればなかなか働きやすい環境だと思うのですが、どうでしょう?

スーツ着て、取引先に振り回されて、残業まみれで500万、600万をもらうよりも、少ない残業で有休もしっかりと取れ、仕事は家に持ち帰ることのない。それで年間400万円いただける介護職という働き方はわりと満足できてるのが実情です。

施設によって労働環境が大きく違う

データを見ても、介護職の平均残業は少ない傾向です。ワークライフバランスを考えると残業が少ないのは魅力的ですよね。

ただ、これにはサービス残業は含まれていないし、当たり前のように1時間、2時間と無給で残業する方も多い世界。

有休もほとんど取得できていない施設もあります。そこで働く職員さんたちの考え方や経営者のやり方で労働環境は全然違います。

なので、これから介護を始めてみようかな?という方も、別の施設へ転職を考えている方も表に出ている数字だけで判断するのは危険です。

実際に施設へ見学に行って、担当者に有給取得率や残業の有無、その際はしっかりと支払いが行われているのかを確認しておきましょう。

答えるのが嫌そうだったり、「やりがい」とかでごまかし始めたら黄色信号。

いままで色々な施設の見学に行きましたが、きちんとした施設は堂々と答えてくれますよ。

「お金の話ばかりして…」というところは基本ブラックです。実体験として、介護ではないですが過去に清掃業をやってみたときはひどかった。

清掃の作業中に水がかかってしまって破損したドアの修理代を従業員の給料から引いてましたからね…。

「今月の給料赤字やわ~」と、その罰金された人も当たり前のようにとらえていたのもまた怖いですが。

そこの部長がよく、「こないだ来た応募のヤツ。金のことばっか聞きよるからこっちから断ったわww」と。早いとこやめて正解でした。

より良い労働環境を求めるなら大規模な法人

基本、大きな会社が労働環境もいいですよね。休みにしても給与にしても。

新卒で多くの人が大企業を目指すのも当然です。介護も同じで、大企業が基本的に有利です。

地域にいくつも施設を持っている法人は、業界のなかで、より良い待遇を提供しているからそこまで成長できたわけです。成長するためには人材の確保がなにより大切ですからね、介護は特に。

いまさらトヨタや富士通に入社することはほぼ不可能ですが、介護の大手なら可能性は全然あります。どこも経験者や有資格者をどんどん中途採用しているので、現在の環境を変えたければ積極的にチャレンジすべきです。

関連記事
退職金を考えるなら2団体加入の社会福祉法人一択【一年で辞めても支給】

なにが幸せかは人それぞれ

ここまで「残業が少なく、有休もしっかりと取れる介護ってわりと悪くない」というお話をしてきました。

そして、より良い待遇を得るためには大手に入るのが手っ取り早いとお伝えしました。

しかし、大きな会社はそれなりにルールが厳しかったり、レベルの高いものを要求されますし、小さな施設は生活と仕事の境界があいまいだったりします。もちろん、すべてがそうとは言いませんが。

職場も合う・合わないがあるので、みんなが良いという施設が自分にとって働きやすいかどうかは結局分かりません。

なので、「あれ?なんか違う…」と思えば無理にしがみつかずにより自分が快適に働ける場所を探していきましょう。これが介護職の特権です。

関連記事
介護のおしごと4~イライラせずに働く方法~人間関係編 【実体験】崩壊する介護施設。自分の身を守るための退職に遠慮は危険 ド田舎の一軒家に一人暮らし。感じた良いとこ・悪いとこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です