介護のおしごと4~イライラせずに働く方法~人間関係編

いやー毎日いろいろと揉めるもんですね、どうも820です。本日は職場の口うるさい同僚に腹が立つ!と若者がブチ切れておりました。

どんな感じだったのか聞いてみると…

https://820life.xyz/wp-content/uploads/2019/06/obasan02_angry.png

しゃべっとらんと仕事しなさい。
この袋は使ったらダメ。
これ、ほこりが残ってるやないの。

挙句の果てに、「はやくご飯食べなさい!」と来たそうです。

「おかんか!」とツッコミたくなりますね(笑)
こんな感じで、なにかにつけて文句を言うてくる、と。

どこにでもいますよね、そういう方は。
特に介護業界は様々な年齢層の男女が働き、皆それぞれのバックグラウンドや前職を持っています。価値観が一人ずつ異なるんですよね。そして、「正解」が見えにくい仕事なんで、なおさら難しいんですよね。

今回はこういった現場でのいさかいの背景と、極力イライラしない働き方&考え方を提案していきます。

同僚には「期待」があるから腹が立つ

でも、どうして私たちは認知症の方の言動や行動は我慢できて、同僚の言うことには腹を立てるのでしょうか?

利用者さんに対しては「仕事」と割り切っている

ですよね?なので、腹の立つこともあっても冷静な気持ちでいることができます。

そして、サービスを提供して対価として代金を頂いているわけですから、納得できる場合が多くを占めます。

もちろん、腹が立つ場合もありますけどね。利用者さんに感じるイライラについてはコチラで記事にしています。
アドラー心理学で介護のストレス軽減!利用者本位で働くと気が楽ですよ。

同僚は仲間であって欲しいから腹が立つ

介護はチームで行う仕事なのでお互いが理解しあって初めてうまく業務が進みます。ですが、介護職は価値観が異なる多様な人間が一緒に働くから理解できないことも出てくるんですよね。

どうして、あの人はあんな言い方するんだろう?

なぜ、あの人は分かってくれないんだ。

また、理不尽な暴力や暴言を受けることもあるこの仕事。同僚には理解してもらっていたわりの一言でもかけてほしいですよね(笑)

なのに、「あんたの接し方が悪い」なんて言われた日には腹も立ちますよね。

では、どうしたらイライラを低減できるのか。

介護現場の対人関係でイライラを減らす方法

時間を置いて接する

言われた瞬間は自分もバタバタしていて心に余裕がない時もあります。相手も同じ状況かもしれません。

瞬間的に頭のお湯が沸いて口論!というのは得策ではありません。

怒りをコントロールするための心の持ち方:アンガーマネージメントでは「怒りのピークは6秒」と言われています。この瞬間をこらえ、落ち着いてから考えて行動しましょう。

職員同士の口論なんて利用者さんも不快ですし、なかには不穏になってしまう方もいます。誰も得をしないので、とりあえず落ち着きましょう。

怒りの原因を考える

言われたことに腹をたてるというのは、表面的な出来事です。問題は「なぜ、そうも腹が立つのか?」ということ。

いったん落ち着いて考えると相手が正しいことを言っていることも多々あります。

でも、受け入れられないという気持ちもわかります。とても。

ということは、相手の言い方がダメだった可能性もあります。その場合は「あの人は言い方が下手なんだな」と思っておけば割とストレスも軽くなります。あなたがそう思うということは、職場の多くの人がそう思っているわけですから。

相手を理解しようとする&話し合う。

これは、少し難しいですが、意識的に行うことでストレスをかなり減らすことができます。

例えば、初っ端に書いたような細かい指図。やはり、相手がそう言うということはそれなりの理由があるんですよね。自分にとってはどうでも良い些細なことでも、その人にとっては譲れない事だったりもします。

なので、自分の理解できないことについては率直に理由を聞きましょう。嫌味や反抗的な態度は意識して抑えて、素直に聞きます。物の言い方ひとつで世界は変わりますので細心の注意をもって。

そして答えが理解できることであれば従えばいいし、納得できなければ自分の意見を言えばいい。

長年連れ添った夫婦でも話し合わなければわからないこともあるって言いますよね。所詮は職場の同僚、他人です。話をしないといつまでもわかりません。逆に、話せば分かることも意外とあります。

根本的に無理な人もいますよ、もちろん。

まー、世の中そういう人もいますよね(笑)。

・言ってることが理解できない。
・サボることしか考えていない。
・感情だけで物を言っている。

理解しようとしたけど、無理な方もいます。その場合は心を無にしましょう。その人に期待するのをやめましょう。

怒りの原因は突き詰めると「期待」です。期待がなければ怒りも生まれませんので。 期待をするから腹が立ち、ストレスになるのです。

あれ、やってくれてるかなぁ?

はい、98%やってませんから。逆にやってくれてたらハッピーぐらいに構えてると楽です。

どうやってその人を働かすか考えた方がまだ楽しめます。文句を言おうもんなら自分の右耳と左耳を脳を通さずに一本の線でつないでおきましょう。

なにかあったとしても、周囲の多くの方はあなたを理解してくれます、安心してください。

人間関係のイライラは減りそうですか?

最後はネガティブな方法になってしまいましたが、現場の皆さんはどうされてますか?

「こうしたらもっといい!」っていうご意見あればコメントにお願いします。

参考になるところがあれば幸いです。では、みなさんご安全に。ストレスは万病の元やからね!

関連記事
介護施設でのワンオペ夜勤は辛いけど圧倒的に気楽ですよ。アドラー心理学で介護のストレス軽減!利用者本位で働くと気が楽ですよ。時間内に終わらない介護業務を改善させるちょっと腹黒な方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です