介護中の事故は隠さず報告した方が安全です。

バタバタ忙しいなかで必死で仕事をこなしていたら利用者さんが転倒!ただでさえ忙しいのにナースへの報告、バイタル測定、外傷の確認、報告書の作成などなどさらに仕事が増えてしまいますよね。

こんな時、悪魔のささやきが聞こえてきませんか?

https://820life.xyz/wp-content/uploads/2019/03/吹き出しakuma.png

誰も見てないから黙ってたらバレないぞ

誘惑されますよね~。でも、それほんとに危険なのでやめておいた方がいいです。正直に報告しておいた方が自分のためになります。今回はちょっと小難しい話になりますが、「自分自身を守るため」に事故への対応は確実に行うべき理由についてお話していきます。

事故を報告しないリスク

介護のお仕事はプライバシーの保護も重要視されており、密室でケアが行われることが多い。例えば入浴介助も個浴であれば、利用者と職員が1対1という状況になり、利用者さんが転倒しても「自分以外は見ていない」ケースも多々ありますよね。

実際には、冒頭の悪魔のささやきに従って隠ぺいしても何事も起こらない場合もあるかと思います。しかし、それはかなりの部分で運任せな行動です。

あとになって骨折が判明し大問題になることも十分に考えられます。最悪の場合、訴訟に発展し私たち職員が被告として扱われることにもなりかねません。

その裁判で、「大した事ないと思ったので、事故発生時に何もしなかった」なんて言えますか?もう敗訴確定ですよね。

損害賠償については事業所の保険で賄うことが可能かもしれませんが、少なくとも私たちはもう介護の仕事に就くことは難しいのではないでしょうか。

日常の中で意識することは少ないですが、介護は人の命を預かる仕事なので、常に最悪のケースも頭に入れながらリスクを回避する行動をとるよう心掛けていくことが重要です。

また、高齢者は一般的に刺激に対して鈍感な傾向が強いです。痛みを感じにくくなっている可能性もあります。

事故発生直後にご本人が「なんともない」と言われても後から痛みが出てきて、「〇〇さんの介護中にこうなった」などと訴えられることも現場ではよくある話。であれば、初めから報告を行ってナースやドクターからの指示に従うことが自分の身を守ることにつながります。

注意していても事故は起こる

事故を未然に防ぐための対策を十分に取っているつもりでも、事故は発生します。

事故の結果として骨折や後遺症、死亡などの重大な結果になった場合は裁判に発展する可能性が上がります。ただ、事業所が利用者・家族へ誠実に対応を行い、理解を得ることができれば(示談金などで)回避できます。この辺りは事業所の大小、交渉力などから差がでるところなので、私は母体の大きな法人での勤務をオススメしています。

人員不足で見守りも十分にできない環境では事故を防ぎきれない。それを損害賠償する方がおかしいという職員側の気持ちも理解できます。その点については別の記事でお話ししますが、現実として訴訟件数は増加傾向にあります。

誰にも報告せず隠ぺいした事故がたまたま何事もなく過ぎ去っていったとしても、いつかは大きな事故が発生します。その時にいつものように隠し、適切な対応を取らなかったら、いくら施設が職員を守ろうとしても、それが難しい状況もあり得ます。

最近では、おやつ中に利用者さんが窒息した件で看護師が刑事裁判で有罪判決を受けた裁判がありました。詳しくは>>>【特養おやつ死亡事故】安全は大事だけど、幸せな生活を送ってもらいたいよねっていう話でお話ししています。この件は単純なミスですが割と現実的に起こる話ですので、わたしたち現場の人間はほんと慎重にひとつずつ仕事をするしかありません。

【特養おやつ死亡事故】安全は大事だけど、幸せな生活を送ってもらいたいよねっていう話。

最悪のケースを想定して行動を

老人介護は思っている以上にリスクのある仕事です。

転倒や、軽微なケガもよく発生します。それが後になって思いもよらない重大なことにつながることもあります。

その時に私たち自身の身を守るものが、事故報告書です。

具体的に言うと、

  • 事故直後の適切な対応
  • 再発防止の検討
  • 事故報告書

これら一連の行動と記録がないと、後から発生当時の様子を明確に話すこともできませんし、自分の行動を説明・正当化することもできません。

つまり、「Aさんが転倒したのでナースへ報告し、指示に従い〇〇の対応をした。」と記入することで、汚い言い方になるかもしれませんが、後々自分の責任を回避することにつながります。

結局のところ、些細なことに思えても正直に報告した方が自分のためになります。その時は責められるかもしれませんが。

ということで長々と書いてきましたが、介護業務中に事故が起こったら報告することをおすすめします。


ちょっと脱線です。

というか内容にはよりますが、責める方も間違ってますよね。報告して責められるなら、黙っておこうという気持ちに職員をさせてしまうからです。事故を事故として受け止めて、素直に再発防止に取り組めるよう支援できる上司や同僚と働きたいですよね。タイミング次第で誰が介護者・発見者になるかなんてわかりません。それを、誰が行っても、どのタイミングでも事故が再び起こらないように考えて対策を取ることが重要なのに、勘違いしている方が多いのが個人的にはとても残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です